マタニティの歯科について

マイナス1歳から始めるお母さんの予防歯科
生まれてくる未来のお子さんのためにも、当院は、妊婦さんに起こりがちな口腔内環境の悪化に対応した口腔ケアを行っております。
妊娠がわかっている方はもちろんですが、これから妊娠を望む方も、一度当院を受診してみてください。

妊娠中は赤ちゃんに配慮した処置を行います

妊娠がわかったら歯科検診を受けていただくことをおすすめしていますが、口腔状態・時期によっては、必要な治療でも適切ではない場合があります。
妊娠初期はデリケートな時期で顕著に影響を受けやすく、妊娠後期はお腹が大きくなっていて診療チェアに横たわることも辛い時期です。

妊娠初期
4ヶ月(15週)まで

妊娠初期は特に影響を受けやすいため、4〜8週目は特に慎重に、12週目までは診査や治療計画、ブラッシング指導までにとどめます。妊娠初期は特に影響を受けやすいため、4〜8週目は特に慎重に、12週目までは診査や治療計画、ブラッシング指導までにとどめます。

妊娠中期
5〜7ヶ月(16〜27週)

胎盤により胎児が安定するため、むし歯や歯周病の治療など、通常の歯科医療を受けていただける時期です。胎盤により胎児が安定するため、むし歯や歯周病の治療など、通常の歯科医療を受けていただける時期です。胎盤により胎児が安定するため、むし歯や歯周病の治療など、通常の歯科医療を受けていただける時期です。

妊娠後期
8ヶ月(28週)以降

お腹が大きくなり、仰向けの体勢での受診は静脈が圧迫され、血圧低下につながる危険もあります。お腹が大きくなり、仰向けの体勢での受診は静脈が圧迫され、血圧低下につながる危険もあります。お腹が大きくなり、仰向けの体勢での受診は静脈が圧迫され、血圧低下につながる危険もあります。

来院時には母子手帳をご提示ください

来院時には母子手帳をご提示ください。また、産婦人科の担当医から注意を受けていることがありましたら、些細なことでも歯科医師やスタッフにお伝えください。